人気ブログランキング |

渋谷漂流 潮流なのか

渋谷ストリームは、東横線にまつわる時空の流れなのか? それとも姿を消しつつある渋谷川の流れなのか?

そんな事を少し考えさせてくれるところ。

ストリームの先端(恵比寿方向) ここから天現寺くらいまで身も蓋も首都高も上にないけど、流れてんの?の天然の渋谷川。
その昔、その横を走っていた東横線の面影は全くなくなってしまい、まさしくビルの谷間!


b0058021_23264700.jpg


場外近くの明治通りへの道はあまり変わりないが、かつての八幡橋をラフターが行く。


b0058021_23264755.jpg


ストリームの中、飲食店の入るフロアーは、線路のレベルとそのもうひとつ上。


b0058021_23264743.jpg


b0058021_23264713.jpg



東横線とJRの間から見る景色、こちらもビルの谷間。
一瞬 こちらが、東横線の線路跡だったっけ?と思うけど、この道路自体はその前からあったよね。
1956年頃の地図を見るとこの道路一体(東横線含め)並木町となっている。並木橋も有名な交差点だけど、どこが並木道だったのか? 


どうも明治通りの六本木通りの交差点から東、並木橋あたりまでの明治通りが並木道だったようで、並木橋の交差点で交差する
青山から代官山方向へ抜ける道にも並木があるのだった。(こちらは今でも並木が少し残っているかも?)




b0058021_23264780.jpg



その間に建つタワークレーンが、まだこの辺りの仕事が終わっていない証拠。
埼京線のホームの移設という大事業があるんだろう。 


b0058021_23260599.gif


気になるディティール・・・・天井材が省略され、逆に5本一組で意匠された軽鉄下地材の野地棒と野地受の間に樹脂ネットが! 鳩防止なのかな。



b0058021_23264854.jpg



このカーブを左に曲がると、ミニカーショップ イケダ渋谷店があったような。
で、このあたりは荷物の集配所だった。 写真の足元側は稲荷橋だったところ(橋というより暗渠になってしまっている)



b0058021_23264876.jpg




かつては稲荷橋の右側の建物の1Fには本屋があったよな〜。



b0058021_23535866.jpg



ストリームから西を見ると、建て替えが進む、旧東急プラザが見えるのだった。



b0058021_23264862.jpg



以上 撮影LENS:super-multi-Coated TAKUMAR 1:3.5/28


続く。






by coolys1 | 2019-03-29 00:03 | KIEV Digital | Comments(0)


<< 渋谷漂流 心の源流域へ 渋谷漂流 東横線の行方 >>