人気ブログランキング |

Jewels35 W-name

RICOHとPORSCHEのWネームモデル。

精密なスポーツカーであるPORSCHEをイメージしてRICOHが企画して作ったらしく、IWC製の有名な”PORSCHE Design ”モデルより昔の発売らしい。(注-1)
販売時の商品名は「リコー・ポルセ」だったので、文章では??ネームだが、まだ車もポルシェと発音や表記する前であろうか?
(早口で聞いたらあるいはポルセと聞こえるのかも?)

余談だが67年にシボレー・カマロが発表された時に、かのカーグラフィックがなぜか「シボレー・カメイロ」と表記していた。
こちらも現地語で聞くと「カメェロ」と聞こえるのかも?  同時期にはムスタング=マスタングとかも有名ネタだしね。
マクダネルもマクドナルドもおんなじように聞こえるとか?
当時、フェラーリをフェラリーと表記していたプラモデルメーカーなどはまだ可愛いものだったかも?


b0058021_13133777.jpg

リコー・ポルセ
文字盤のデザイン違いで二種類あったらしい。こちらはオリーブグレーの文字盤色含めてやや地味な方だが個人的にはこちらが好み。

ネーム下に高らかにうたわれるWATERPROOFは現代では全くあてにならないだろう。
35石は、多石化ブームの真っ只中で、リコーは最高45石まで行ったか?(一方の競合相手のオリエントは100石まで逝ってしまったけど)
STOPTIMERは、いわゆるハック機能で、竜頭を引き出して秒針を止めるものらしい。
竜頭の上(10時方向)にあるボタンがそれかと思ったが、こちらは単純に曜日の切り替えボタンらしい。
固着していてボタンは動かせず、竜頭で動かす日付との連動が解けないので、実質的には機能しない。
近々、オーバーホールへ・・・・


注-1
もっともあちらは、元は車のPORSCHEとは別会社だったが(PORSCHE創業者一族の会社ではあるが)今は資本関係下になったらしい。


by coolys1 | 2019-07-19 13:50 | Equipment | Comments(0)


<< 万能レンズで歩く蛇崩川 その-壱 微妙な魚眼で行く初夏の大國魂神社-2 >>