Mini-Stoveを作る。

週末にKarlyflowerの試作三号機を作ろうと思ったが、肝心な部材(大型スチール缶のリング部)の調達が出来ず、断念。
(缶詰は缶詰でもサーディン缶は増えたのだが・・・)

そこで手慣らしに「ウコンの力」と「ニンニクの力」缶で外炎式のMini-Stoveを作った。


b0058021_23205242.jpg


そしてまたしてもスチールシュラウドが・・



b0058021_23214822.jpg


一回り大きいコーヒー缶で風防兼五徳のシュラウドを付ける。
中のストーブは外炎式なのでこの隙間から炎が上がる仕組みで、大気開放のオープンフレーム式である。


そしてシュラウドを上下ひっくり返して、もう一台の背の高いStoveを落とし込む。
するとストーブに直接、シェラカップを載せるクローズ式の外炎式Stoveになるという仕掛け。


b0058021_23251780.jpg


後ろに写っているのは、「壊れるところがない!」と言われる「トランギア」
だが、僕の個体は壊れた。
写真でうっすらと白く見える部分が中身のガス化促進部材であるが
内筒部の接続部(蝋付け?)が自然に外れてしまっている。この状態では当然まともに燃焼しない・・・



b0058021_23293280.jpg



五徳部分は逆さになって今度は酸素導入用のシュラウドスタンドになるわけだ。


30ccほど燃料を入れて試してみると、オープンフレーム式のほうが火力が強い。
クローズ式は、アイドリングタイムが必要だし、シェラカップとの相性もイマイチだが、
同じ燃料量では、オープンフレーム式よりも長く燃え続ける(約20分) 
しかし数分程度で沸騰させる為にはちょっとしたコツが必要。

重量はシュラウド込みで28~30gなので、「J師匠のoz規格」にはなんとか合格か

そういえば外炎式は初めて作ったような気が・・・・・
by coolys1 | 2008-05-13 00:37 | GAS STOVE | Comments(6)
Commented by JSB at 2008-05-14 00:26 x
こんにちわ、JSBの知識不足で、どうしても理解できなかったので
coolys1さんの本店まで、教えて頂きたくやって参りました(苦笑)
>風防兼五徳のシュラウド→下からの吸気導入になる
そうか!そうすれば無制限に拡散する炎を垂直に軌道修正出来て
熱効率が向上する、と同時に風防の機能を果たせる!
>オープンフレーム式よりも長く燃え続ける
これは、注目すべき進化と思います。なぜなら、一般的にサイドバーナーでは、燃焼した熱量の帰還割合が多すぎる事例がほとんど。
火力調整出来ないから、1000mlなどの大量のお湯沸かしには向いているが、小径や少量の給湯には不適であった、ように思います
燃費は悪かった。ところがこの例では長持ちすることから判断しても
燃費は良さそうです。数分で、、、、とありますが心配いりませんよ
4000mの高地での給湯マイスター、ベーさんのご案内によると
200mlを5分弱で給湯できれば充分な火力!との話です!
  どうぞ、ご安心下さい(笑)
単独行で、そんな僻地まで(爆)お湯のデリバリーサービスに行く
勇気はない (せこい守りに入っている←JSB) 苦笑
Commented by coolyscreek at 2008-05-14 14:21 x
師匠、  燃焼風景(動画)はmixiのほうにupしました。
Outside burner jet type mini stove
[No pressurizing style]& [pressurizing style]

シュラウドは防風に関しては見ての通り完璧ではありませんが
サイドバーバー式の弱点は少しカバー出来るかもしれません。
エアーファンネルを逆さにしたような形状ならばさらに吸入効率はあがるかも知れませんが、横風の影響も受けやすくなるかも知れません。
風の影響を受けない為に
自動車のエンジンみたいにマニホールド&分離型エアチャンバーを用いて、専用空気として使うっていうのもばかげて面白い!?
Commented by coolyscreek at 2008-05-14 14:22 x
燃費の件にかんしてはもう少し検証が必要かも。(その差において)
Commented by T-z_stove at 2008-05-14 16:41
外輪カバー良いアイデアです。
良い方向でいってますね。
外輪バーナーでも鍋の真ん中は炎をあててやりたいですよね。←五徳で嵩上げして
吸気がうまく行って炎が拡散せず垂直方向へ向かうように考えていましたが中々五徳部分が上手くいかないんだー
Commented by JSB at 2008-05-18 01:33 x
永らく100円ライターのバルブをいじくり回して来ましたJSB
新たな出口の回路を模索して、ようやくヒントを掴み
別のCルートを発見出来ました (笑)

http://ikaros.air-nifty.com/ikaros/2008/05/post_5dd8.html
Commented by coolys1 at 2008-05-18 21:45
JSBさん、見ました! 煙草を長らく吸わないせいか
最小の火器=ライターのことをすっかり忘れていました。


<< 北五商店街 鰯の油漬けの缶詰にハマル その壱 >>