FUKUDA Motors

先日こんなものが届く。

1984年にまだ赤坂にあったFUKUDA Motorsで僕は「MOTOGUZZI」を買った

そして何年かして、FUKUDA Motors自身が隣町に引っ越してきた。
(諸井啓商事があった場所)

MOTOGUZZIは95年に事情があって売却したが、購入したFUKUDAからは
毎年、毎季節にDMが届く。

そういえば10年前にはFUKUDA Motorsの50年史の書籍が届いたのだった。

BIKEへの情熱というのは、若い時だけでなく老年になってもふつふつと甦るものである
そんなことをよく知っているのがFUKUDA Motorsだと思う 
いつまでも顧客リストを切り捨てない・・・・いや凄い会社だわ。



b0058021_8103367.jpg



付属のDVDには貴重な映像(メーカーの宣伝動画)があって資料的価値が非常に高い。
by coolys1 | 2008-07-27 09:00 | Rider kick!!! | Comments(2)
Commented by かめ at 2008-07-30 23:13 x
これは正しいマーケティングですね!!(^^;

私の回りでも、子育てが一段落したとか、バイクを(クルマの他に)持てる程度の余裕が出来たとかで、かつてのバイク乗りが復活を果たしています。

一度味を知ってしまえば、忘れられない嗜好品なんですよね、バイクは。

ましてや、ガイシャ乗られてた様な方だったら、いつまた虫が疼いてもおかしくないですよね。(^^;


そんなこんなで、バイク乗り中高年は結構居られますが、車検の有る様なバイクに乗ってる若者は非常に少ないですね。
このまま、あと40年もしたら、大型バイクが日本の路上から消えて無くなりそう...
Commented by coolys1 at 2008-07-31 12:29
>嗜好品! かめさん まさにそうですね。ここの店は昔かっら旦那衆を相手に仕事を
していましたから、お手の物かもしれません。

バイクはこの先売れないでしょうね。高級一眼レフも・・・ニコンはある意味正解です。
もはやゴシップ誌的になった大手週刊誌も若い世代にはそっぽ向かれるでしょう。


<< SAINT-GEORGESのS... 滝上にて >>