私と立ち蕎麦(その他うどん)

ちょっと前になるが坊さんのHPで話題になった「立ち喰いソバ」で色々思い起こすことがあったので備忘録替わりに・・・


僕が初めて東京で立ち蕎麦を食べたのはどこでいつだか正確には判らない。

18歳で上京し、世田谷(松陰神社)から代々木の学校に通っていたのだが、そのルート上で食べた記憶が無い。


そもそも僕の郷里にはそば店というものが殆ど無かったのだ。

高校の学食には麺類としてうどんとそばがあったが、覚えている限りではそばを注文した覚えはない。

学食のうどんは、一杯65円で安かったが入学当時の学食は古く狭〜い処で、
何故か鉄格子のついた販売口から完成品を受け取る方式だったが、効率が甚だ悪く随分と並ばされた。

b0058021_17504060.jpg


(鉄格子については、販売員のおばさんを保護する為という説があった。おばさんにいらぬ愛を告白したり、万引きしたりする輩が多かったからだと思う。)


二年の時に学食が新築されたと同時にシステムが変わって、カウンターでは食券と引き替えに丼に暖いうどん玉のみを入れるだけになり
各テーブルに置いてあるつゆの入った巨大ヤカンから自分でかけて食べるというセルフのさらにセルフな効率優先の仕組みになった。

b0058021_17513952.jpg



脱線するが
古い学食の頃は狭いテーブル席には当然、下級生は座れないので、校庭のフェニックスの木陰でうどんを食べていると、
知らぬ間に貧乏自慢のバケ学科の連中が横に座り「あとで汁だけでも飲ませてれ〜」と餓鬼のようにまとわりつき大いに気味が悪かった。

b0058021_17521065.jpg


それがセルフのセルフに変わったおかげで、今度は奴らが堂々と湯飲み茶碗でうどんつゆをタダ飲み出来るようになり、
その光景がまた勝ち誇ったゾンビ達のようで忘れられない光景となった。

b0058021_1751861.jpg



そんなうどん漬けの日々を送り、上京するまで完全蕎麦童貞だった僕は、ひょんなことから東京の世田谷で初めて蕎麦店に入ることになる。
(18歳の夏、それは立ち食いデビューのかなり以前だ)

何故かというと同郷の友人達が突然、鬼平の影響なのか蕎麦屋で飲む酒にはまってしまったのだ。
(あと当時の世田谷界隈の専門店としての居酒屋は若造学生が無邪気に入って飲む雰囲気ではなかったせいもあると思われる。)

その友人達が無理矢理連れて行ってくれたのだが、なにせこちらは蕎麦屋なんて初めてはいるのですごーく緊張していた!

店のおばはんに「おにいさんは何にします?」の言葉に頭の中が真っ白になって


おもわず、一番右側の一番安いと思われるメニューを叫んだ!
(なにしろ財布の軽い身である、安いもの探して壁のメニュー板に釘付けなのだ)


すいません! もりかけ 一つ下さい!!!! と

その後はよく覚えていないのだが、バイトで懐の暖かい友人達はくすくす笑いながら日本酒かなにかを飲っていたような気がする。

そして僕の目の前に出てきたのは結局もりそばだったような気がする。

まったくもって散々な蕎麦屋デビューを果たした僕だが、その僕をさらに憂鬱にさせたのが、東京のうどんであった。


b0058021_17523928.jpg







続く   かな
by coolys1 | 2008-11-06 18:10 | ウロオボエ備忘録 | Comments(11)
Commented by ponchan at 2008-11-06 21:36 x
んー、なかなかおもしろい話ですね。そんなことがあったのですか…。 ボクの記憶でもその時代松陰神社界隈の蕎麦屋はどこだっけかなぁ??くらい記憶にないですね。続く、楽しみ?かな。。。
Commented by 雀坊。 at 2008-11-06 23:16 x
うわー、おもしれー。
続きが楽しみ!!
Commented by スズキのマー坊 at 2008-11-07 00:06 x
第3京浜出たとこのソバ思い出しますね。
Commented by FSX at 2008-11-07 23:01 x
面白いです!
続き楽しみにしてます。
Commented by coolys1 at 2008-11-08 00:30
ではつるつると 続けますか。  笑

ponchanはもしや松陰神社出身?
Commented by 酔之字 at 2008-11-08 01:46 x
出遅れた。
早く続き読ませてね。
Commented by ponchan at 2008-11-08 08:36 x
つるつると続きを拝見したいです。セコイヤチョコとか食べながら…
Commented by rikuo-rq at 2008-11-09 09:14
オレの頃は、うどん¥30、牛乳とパン¥20、春菊かき揚げ¥10だった。
一時的に中華そばを¥60で発表したが
オレは模型購入優先で食べた記憶ないし
販売不振ですぐにすぐに看板を下ろしたような記憶が有る。

それと食堂天井のテックスに鯨カツ串の一口分だけ残した物が
多数刺さっていた。

固くて食べても飲み込めない部分を重りにして
ダーツをやっていたのだ。

さすが工業高校!
Commented by coolys1 at 2008-11-09 20:52
これは 御大わざわざスイマセン。 笑
鯨カツを忘れていました。 あれはイケナイ・・多分あれ食べられたら、

今頃、僕の歯茎は二十歳なみの健康体でしょうね・・

うどんでは一見、雰囲気は似てたけど「近森製麺」のうどんは美味しくなかったです。

それにしても工業高校のダークサイドですね(串カツダーツ)
Commented by JSB at 2008-11-14 02:11 x
遅くなりましたが、、、
内容もさることながら、イラストに味があって楽しく拝見しています

写真もグットですので、迷うのですけど

やっぱし、象さんのほうが スキです(笑)
Commented by coolys1 at 2008-11-14 15:21 x
JSBさんコメントありがとうございます。
昔のエピソードは写真がないことが多いので、どうしてもイラストが必要になりますよね。
もっとも稚拙なイラストで恥ずかしい・・・
JSBさんのストーブコンセプトのイラストを見ていてやはり
イラストの力は大きいと感じました、だってガソリンストーブより強力そうだったりして・・・・爆


<< DUSTY TANK 08 矢来町 >>