Moto Guzzi V 7 Cafe’ Classic

日本では今年出た V 7 Classicはいまいち田舎臭かったけど、これは悪くないなぁ
(最初からこれで出せば良かったのに!?)


b0058021_10534060.jpg



往年のV7 SPORT系により近い感じで、なかなかの後ろ姿ですねー!!








前から見ても


b0058021_1112239.jpg



全体像


b0058021_112261.jpg



そういえば 笹塚のFUKUDAでClassic見たときも思ったんだけど、これのベースは
いわゆるV50 MONZAまで遡るエンジン&シャーシみたいな感じですね。

だから、V7や後のLemanシリーズよりも一回り小さい車体なんです。ホイールベースも短いのでやや縦長感の印象が強いですね。
なので往年のGUZZIの低くかつすらっと伸びた車体の感じがないのが残念ですが、でもハンドルがもうひと握り半くらい低いといいかも!

もっともV50 MONZAは、すらっと低く見えるようにデザインとカラーリングに工夫をこらしてあったんですけどね

たとえばMV AGUSTAのこれなんかもそういうデザイン



イタリアの姐さんと、、  大きさが判りますね! 極めてコンパクトなナナハンです。

b0058021_1216738.jpg





話しは変わっていまやMOTOGUZZIの強烈なイメージリーダーのGrisoですが、

このイタリアのワークショップがカスタム化した奴はナカナカいい感じですね。


b0058021_11121134.jpg

流行のお尻一本だしのマフラー! Grisoで不満のあの超デカ・サイレンサーが無いだけでも嬉しいです。

b0058021_11125276.jpg

右側はノーマルとあまり変わらない佇まいですが、やはりシャフト内蔵のスイングアームは大迫力!


b0058021_11135014.jpg

対して左側は、まさにあの「配管工の悪夢」を再現する取り回しですが、Griso特有の車体中央部の凝縮感が生きてます。


b0058021_1114418.jpg

リアスタイルはどうです? 俺様が運ぶのはエンジンとタイヤとお前だけって感じですね。
もっともこういうジャンルのバイクは五十台から乗り始めるには正直、ちょっとキツイかな・・ 


ところでここは どうもMOTOGUZZI専門のカスタムショップらしくて他にも

こんなシブイのとか・・・

b0058021_11245471.jpg


これってほんとにその辺のCafe'くらいしか行きつけなさそうな感じでGood!!ですぅ

あと こんなの??とか作っては販売しているようですね。

b0058021_11261774.jpg


あのーー給排気が逆なんすけど・・・・笑



実は V 7 Cafe’ ClassicとGrisoを見比べていて気になるところがありまして
まぁ元々コンセプトが違うバイクにわざわざ文句たれても仕方がないようなことなんですが・・・

現代のバイクはフロントフォークが、やたらでかすぎですね!
最近はタイヤ幅が広いので、構造上仕方がないんだろうけど、おかげでフロント廻りが全然スマートに見えないのです。


だから これとか

b0058021_11572197.jpg


これなんかの

b0058021_11563529.jpg


これ エンジンACEなんですって!! ひゃー 独特のスポークホイールにもご注目あれ




往年の古いバイク(ブランド)を復刻してもなんかフロントが妙に重いイメージになっちゃうんだよね。(ホイール径の問題もあるけど)

実際、私の世代だとフロントフォークの直径はせいぜいbimota KB-2の40φくらいで終わっちゃってますからね。 笑


だから 今回のV 7 Cafe’ Classicくらいの素麺みたいなバイクがよく見えるんですよきっと。
by coolys1 | 2008-11-21 10:02 | Rider kick!!! | Comments(3)
Commented by 山本 at 2008-11-21 11:11 x
うひょ〜
このカスタムGrisoかなりツボです!

こういうのみると、乗りたくなっちゃうなぁ。

Commented by coolys1 at 2008-11-21 11:59
で・しょーー  笑 

山さんが、一番先に食いつくと思ったルアーでした!!
Commented by 山本 at 2008-11-21 15:59 x
釣られた〜(笑)

いつかバイクのデザインしたいなぁ。



<< 休日は気持ちも絞りも開放ぜよ 塔のみえる街 >>