人気ブログランキング |

2019年 08月 07日 ( 1 )

「Is Meguro Burning?」 散策の休憩は四川麻辣で?  その2

実は、四川シリーズも続くのでした!

蛇崩川を歩いていた梅雨の6月の初め頃、目黒の本格四川料理店「龍門」に元会社のメンバーと辛さを求めて行ってきたのでした。

この夜は迂闊にも「辛いモノ特集」というコンセプトに従っていたので、
最初につまみに取ったのは「細竹の冷菜」。 このお店のスタート定番ですが、既に上品かつ思いの外ピリ辛! でもうまいんです。

b0058021_18132959.jpg



そしてこれまた定番の、「よだれ鶏」 今回頂いたのはバージョンアップしたのか、
軟骨の混じった鶏で、痺れる辛い中、コリコリと食べられる部分もあってこれがなかなかの野趣な味わい・・・

つまりめっちゃ美味いんですよこれが。

そして宿命とは言え、目の前の料理と皿が知らず知らずに紅油色に染まっていきます。



b0058021_18133565.jpg

で、そんなくれない色のディナーには、やはり定番の

「辣子鶏」


量的には、新宿の「天府舫」のと同じくらいですが、お値段はなんと2倍(¥2400以上)です。
あんなに食べるとこが少ない料理なのに・・・とビックリですが、
さすが龍門はその鶏唐揚自体が既に抜群の旨さを持っていますのでこれは仕方ないかも知れません。
(とは言ってもやっぱり¥¥高いなぁとは思いますが)

細竹〜よだれ鶏と知らず知らずの麻辣に侵されてきて、そろそろ口の中がやばい領域に突入してのラスボス級登場です。
旨い!〜。 でもさすがボス級らしく下唇と下顎付近が行方不明になりそうな麻辣感と引き換え・・・・

それはまるでバブル期の金利が複利で麻辣感がバンバンと口中に溜まってくような勢いです。
*写真だと唐辛子も花椒も少な目に写ってますが、決してそんなことはありませんですよ。


b0058021_18134086.jpg



そして、最後にうっかり頼んだのが、真のラスボスでした。 
見た目は一見優しそうな、白濁したスープのように見えますが、、、これ酸っぱい上に恐ろしく辛いんです。

「酸菜魚」

瀕死の時に、空から白いスーツ着たジェントルマンが降りてきたから、
神様かと思って駆け寄ったら実はそいつは”ルシファー”だったみたいな衝撃。

向かいの女性が笑ってるように見えるは、本当に笑っているからで、
もう口に含んだら とりあえず笑っちゃうしか表現方法のない辛さと酸味に完全にノックダウンです。
でも、入っている魚が実に旨いんですよね。(というか幸いタップリと入った白身魚だけが唯一神様に思えるとも言う)
*一般的には女性は男性よりも辛酸っぱいものに耐性があるっていう話もあるんですが・・・この日は女性もきつかったようです。

b0058021_18134499.jpg


あゝ 次来た時はこいつを先に食べてからスタートすれば、あとが楽かな?と思えるほどの辛さもとい旨さでした。
(多分そんなことしても無駄)



ということで、

ドM麻辣中毒患者はやっぱり「龍門」かな〜と思う夜でした。

まぁ財布にもなかなか厳しい店だけどね。


今回ガイドにはなりませんが、辛い料理は赤字で表現しました。(辛さレベルはじの大きさで判断ください)








それでは次回は是非辛くないものを!  その時には是非君とその時こそ是非君と・・・・


バタッ。

by coolys1 | 2019-08-07 09:47 | 尼酒道 | Comments(2)