人気ブログランキング |

カテゴリ:Lunch time trip( 78 )

最強(辛)のレトルトカレーはどっちだ! その答えは大阪に??

天気のいい日はコンデジ持って、のんびりLunch? いや今回は違うなぁ

春間際のとある日の午後の自宅。 本日の激辛カレーをどれにしようか悩む二品

近所で入手可能な、(当社比)一番辛いと思われるカレーであるのだ。

b0058021_15373150.jpg

左のチェッターヒンは最後にやってきた東南アジアの食の隠れ巨人?ミャンマーの激辛カレーらしい(メインの具は骨付きチキン)
実は表記は極辛と書いてる。 つまり激辛ではなくて辛さを極めた辛さというべきか。

b0058021_15373121.jpg

そして右はタイカレーのラインアップでトップクラスの「ヤマモリ」が最近出した、タイカレーシリーズ最強(辛)のプリックカレー。

b0058021_15451129.jpg
「ヤマモリ」のシリーズには確か辛さを示す赤唐辛子マークが5つあっていままでの商品は、4つが最高だった気がする?
ということはこのプリックカレーでフルスケール使い切ったということか。恐るべし

という訳でこの日のランチカレーをどれにするか?で悩んだ訳であるが、実はプリックカレーは、一週間程前に
食べていたのである。

あまりに辛いので、二人でシェアして頂きました・・・・
箱にはなにやら食べる前にカレールーに浮かぶ赤唐辛子とコブミカンの葉を取り除けと書いていたような。
唐辛子の辛さもさることながら、口の中に間違ってカミソリの刃を含ませたようなシャープな辛さは独特で
これが噂の恐怖の葉っぱ、こぶみかんの葉なのか~と感動したくらいだった。
あと胡椒のスパイシー感も半端なく、まさに辛さの三種の神器にやられぱなしであったのは確かな感想でありました。

でもこうやってまた選択肢に入るのは何故かと言うと、やはり辛いものは癖になりやすいからかなぁ。


てなことで今回は一人でランチだし、”付け合せの”のご飯の量もやや心細い状態だったので、
レトルトカレーの新生ミャンマーの「チェッターヒン」(名前から辛そうであるよね ヒ~ンとか)にすることに。

鍋でコトコトと二時間 ん?じゃない 数分の湯煎で出来上がる実に賢いレトルトカレー!
ほんと最近のレトルトカレーはどれも名品揃いだと思うなあ。

万が一、耐えられない辛さだったらと思い、キャロットラペのサラダを添えました。

b0058021_15373233.jpg
あっ撮影時に折角刻んだパクチーを載せるの忘れました!
やはり東南アジアのカレーはパクチー載せないと完成しないよね。


少ないご飯でしたが、この極辛を謳う カレーは比較的安心して完食できました。好物の骨付き手羽元が二本も入ってるせいか
満足感もありますし、なにしろ辛さ人生最強敵のこぶみかんの葉が入っていないのがよかったのかな?

すぱっと切れそうな唐辛子の辛さの強いタイカレーと違い、もう少しまろやかかつ重量感のあるスパイスの辛さが特徴で、
確かに激辛というよりは極辛と書いてある意図が少し読み取れた気がしましたね。
でも完食するとさすがに体中が少し汗ばんだような。。。。

よかった、 今一度一人でブリックカレーを選んでいたらおそらく完食できなかったかも知れませんよ。
昼食後も仕事の続きをするので、このくらいが 限度ってことでした。



以上 購入店は、キャロットラペ含めすべて「成城石井」さんでした。


ところでなんでも揃っていそうな成城石井ですが、これは置いてないのでありました。

大阪北浜のスパイスカレーの聖地、「Columbia8」の看板商品のキーマカレーのレトルトパック!

b0058021_16175718.jpg

スパイスの海に浮かぶライス? んライスは一見見えませんね。 そして口休めのオニオンの上に君臨する素揚げの獅子唐!


これ一度食べるとやめられなくなるカレーです。


昨年から大阪出張(しかも北浜地区)に行く際には出来るだけ食べられるよう時間スケジュールを調整してきました。


こんなお店、北浜の元?問屋街みたいなところにお店はあります(他地区にもありますが)

b0058021_16214398.jpg

目立ちませんね、ビルの階段を上がるとこんなお店の入り口です。
でも、ランチタイムを外してさえすぐに入れないことが多いのが難点なところ、空腹なのにスパイスの香りを10~20分程かがされながら待つしかないんですねここは。
(店内はカウンターのみで8人位で一杯かな?)


b0058021_16212834.jpg


初来店者が頼めるメニューはキーマかミックス(お店はキーマと野菜のミックスを勧めてくれます)

で、選んだミックスカレー。


b0058021_16250540.jpg
ミックスはゆで卵もついていて、お得感があります(確か1000円) そして約束の素揚げの獅子唐が・・・

これを左手(利き手と逆という意味ね)に持って齧りながらカレーを食べてくださいと優しい店主がおっしゃってくれます。
どうも箸休めの効果があるらしい。 もちろん約束はちゃんと守りますよ~

b0058021_16251011.jpg


そして何回か通い、今月久しぶりに訪れたときに意を決して、頼んだのが(おそらく)この店で一番スパイシーな「火山カレー」でした。
このカレーは初見さんには提供されませんので、やはりやばいんでしょう。
でもこちらもそれなりに鍛えた身体! しかも新幹線ではるばるやってきたので、もう後へは引けないので頑張って頂きました。



b0058021_15373363.jpg


火山カレーも基本はキーマなんですね。 後ろにはチェイサーとしてグレープフルーツジュースが付いてきます。
(ちなみに野菜カレーやミックスカレーにはマンゴージュースが付いてきます)

獅子唐齧りながら、スパイスの海の中からライスを救い出してスパイシーなルーやナッツと共に口の中に含むわけですが、なんとなく既視感が、、、


完食すると(いやその手前からか)胃袋のなかでスパイスの許容量が一杯一杯になっているような気がしてきますが、おそらく錯覚で
食後1時間もするとさっぱります。

「お客さん辛さはどうでしたか? また獅子唐齧りに来てください~」と店主に見送られます。
そして油断して、二回に一度は入り口のこの看板に頭をぶつけます!

b0058021_16592927.jpg

ここのレトルトカレーは、東京新宿界隈では、「酒のやまや」で買えるのですが、残念ながら素揚の獅子唐はついていませんので家で食べるときはスライスオニオンと獅子唐は用意しないとね。

そして東南アジアカレーを食べるときは、「パクチー」を忘れずに!


今回のランチ・タイム・トリップは、レトから始まり、思わず大阪までトリップしました。

新大阪から北浜地区に行くにはもちろん、地下鉄堺筋線の北浜駅もありますが、僕は新大阪から一本の御堂筋線の淀屋橋駅で降りて
そのまま東方向にオフィス街を歩いていくようにしてます。 
新旧のビルが混在している地域ですが、なんかクラッシクなビルや木造建築もあって筋を変えて歩けば見飽きない光景で好きですね。


b0058021_15373297.jpg
b0058021_15373269.jpg
b0058021_15373359.jpg


仕事でなければスナップ旅行にいきたいような場所です。 そしてお昼は「獅子唐齧りながら」ね!





by coolys1 | 2019-03-17 17:14 | Lunch time trip | Comments(0)

SHOE CARE WORK SHOP&LUNCH

古着のリフォームで何度かお世話になっていた代々木上原のGMT FACTORY SHOPさんのSHOE CARE WORK SHOPが開かれるというので、参加してみました!
最近は革靴や革製品の使用が多いので、そのケアには興味がアリアリだったのですね。(色々と齧りやうろ覚えを一回リセットしたかったのも本音です。)
そして少々気温の上がった祝日のお昼に向かったのは代々木上原駅前のNODE(ノード)という地下にはビストロを持つオープンなカフェです。
b0058021_22014892.jpg
b0058021_22014846.jpg
ビックリしたのが店先に既にWORK SHOPの準備がされていたこと!(SHOE CARE用品はなんか心を踊らせますね~)
b0058021_22014977.jpg
b0058021_22014881.jpg
SHOE CAREということは靴磨きなので、さすがに手を汚してからではアレなので先にランチとなりました。
頼んだB.L.Tサンドが品切れということでほぐした豚肉と目玉焼きの挟まれたボリュームのあるサンドウィッチをいただきます。
b0058021_22014909.jpg
ふとランチョンマット(紙ですが)見るとそこにはSHOE CAREの基本が書かれています。(凄い用意ですね)
ランチはSHOE CARE用品店の柴崎氏のSHOE CARE基本論を拝聴しながら頂きました!
b0058021_22014931.jpg
SHOE CAREとはいっても、基本は全ての革製品に通用するベーシックなもので、
とにかく一番大切なのは履いた後の埃や汚れ落とし=ブラッシングの大切さでした!汚れを落とすのが馬毛のブラシ、そして艶出しが豚毛のブラシという基本。
食後は早速店頭のデモ・スペースで実践です。 まずは柴崎氏による汚れ取り布の指への巻きつけ方のレクチャー。
(これがスパッと決まると格好いいだろうと思う) *駅前の洒落た飲食店の店頭ということで、通行者の興味の視線も大いに感じましたが・・・
b0058021_22014937.jpg
今回使わせてもらった、馬毛ブラシ(左)と豚毛ブラシ(使ったのは豚毛風のナイロンでした)
b0058021_22015039.jpg
ブラッシング~リムーバーによる汚れ落とし~保湿クリーム塗り込み~ブラッシング、そして拭き上げによって美しく輝く自分のブーツ!
(仕上がりにはちょっと 感動しました)
b0058021_22015011.jpg
使わせて貰った道具たち(左から)
簡易キーパー(やはりこれを入れると圧倒的に作業し易い)
馬毛ブラシ(最初に靴の埃やゴミをはらい取る為)
リムーバーと柔らかい布(リムーバーを布にとって軽く優しく汚れを取ります)
アニリン系の保湿クリームとフェルト布(着けすぎないのが肝心)
豚毛ブラシ(つや出しブラッシング)と最後の拭き上げクロス
以上がMONTHLY SHOE CARE用の道具となるようです。
b0058021_22015077.jpg
いつもは自分の目玉から一番離れた部分で健気にその仕事をしている靴ですが、やや高いテーブルに載せて一連の作業をするとなんとも愛らしい逸品になるものですね。
実は、もう少し手軽なWEEKLY SHOE CARE用で汚れ落とし+保湿クリームが一体型になったものもあるのでした。
たしかに所有している靴が多いと各々上記の作業は大変ですものね。

GMT様 ありがとうございました。

それにしてもこういう楽しい作業は狭くそして暗い玄関で嫌々やってはいけない作業だなぁとつくづく思いました!
by coolys1 | 2017-10-09 22:38 | Lunch time trip | Comments(0)

ちゃんぽん

暑い日でしたが やっと小倉の「ちゃんぽん」にありつけました。

待つ間にテーブルの上に店の個性を探します。冷たんグラスは、もしやワンカップの流用品でしょうか?
紅しょうがにそそり立つ箸が勢いですね~。
b0058021_10362267.jpg

そして来ました~。 シンプルですね。
b0058021_10362283.jpg

お店はここです。 食べてる間に流れてた高校野球で地元高校が負けました。。。
b0058021_10362387.jpg


一平の向いの天ぷら屋  地下にあるから 通称「地下てん」と呼ばれるそうな。 海老天オンリー♥な定食に惹かれますね。
b0058021_10362487.jpg


実は今回の仕事先の裏手の再開発予定地域。 悲願?の大規模な計画ですが、こんな感じではなかなかうまく進まないのは判ります。
b0058021_10362464.jpg

b0058021_10362451.jpg

場所柄、人通りを少ない時を狙っての撮影ですが、昼下がりはさすがに人が少ないね。
b0058021_10362571.jpg

正面は再開発を待ちきれずに建て始めたビル。 白頭山はこのエリアに沢山ある立ち呑み屋さんですね。
もちろんお客さんは入ってますが、意外に若い人も多くてジャンキー感は少ないね。 A級のネイキッド劇場はもちろん学割がありました。
b0058021_10362696.jpg


私はもちろん立ち呑みせずにお仕事ですが、 魚町の”座れる”武蔵で空港行きのバスの待ち時間にちょいと一杯引っ掛けました。
節が掛かってるのはクリームチーズ。

b0058021_10445582.jpg


武蔵は、なにも言わないと、お酒(日本酒)は全てお燗にされてしまうようです。 今回は忘れずに、「冷で!」と。
もっとも冷とは言っても、常温なのですが、、、、
大門の名酒センターで吟醸酒を真の日本酒と思ってる洒落たOL達には想像外の仰天でしょう。 まぁ男はこれで(も)いいのです。(1/2痩我慢入り)

冷たいお酒呑みたい時は、冷酒を(二種類くらいしかない)頼まないとね。


*後で耐えきれずに、最初に飲んだサワーの残りの氷を浮かべて呑んだら、マズイのなんのって!!
by coolys1 | 2017-08-15 10:51 | Lunch time trip | Comments(0)

小倉の台所 旦過市場の人の為の食堂?

最近 恒例の小倉出張(日帰りも多いですが)

行政との打ち合わせが旦過のそばなので、どうしても旦過市場に足が向きます。

でも今回は市場内ではなく 近くにある・・・前から気になる食堂 千成屋へ

b0058021_12324168.jpg

b0058021_12324071.jpg

b0058021_12324035.jpg



ここは外から見える冷蔵ケースに並べられた惣菜を選んで食べる方式がメインのようですが
こんなメニューをみちゃうとね~ 堪りません!
b0058021_12323886.jpg

入るまでは ちゃんぽんにしようと心に決めていたのですが、なにせ外気温がね34度位あるのでめげました!
そこで焼めしの響きも懐かしいチャーハンを!
b0058021_12323851.jpg


昼すぎると、市場の人がポツポツと現れてはお昼ごはんを取っていきます。
そして皆、口を揃えて 暑いし遠くなったと・・・ 遠いってなんだろう? 
そうか市場から直通で来れる橋が沿岸の建物の解体工事で一時通行止めになってたのね。ぐーっと大回りになるということか。
忙しい市場の人にはちょっと辛かったね。
b0058021_12323919.jpg


ところで「焼めし」はテーブルのソースを少し掛けて美味しく頂きました!とさ

市場の近くの野良さん。
b0058021_12324170.jpg


駅の方へ戻るには少しでも涼しい市場内を歩きます。 次回は入り口近くのおでん屋さんでうどんを食べようかな?
b0058021_12324236.jpg


旦過を抜けて 魚町のアーケードに入ると、ちょっとお気に入りのカフェを見つけていたので一休み。
b0058021_123242100.jpg

こんな感じの路地を入るのでなかなか見つけられません。
b0058021_12324457.jpg

狭い路地を通り過ぎると素敵な古民家カフェが、、、
b0058021_12324440.jpg

こんなとこでもランチの人気があるのか?メインダイニングは一杯で、元廊下でアイスコーヒーをいただきました!
b0058021_12324345.jpg

おつまみの載った豆皿がかわいいですね。
b0058021_12324370.jpg


九州北部といえばこの時期はやはり博多の山笠なんでしょうけど、この日は北九州市も祭の日だったようでこぶりな山車が商店街の随所にありましたとさ。
b0058021_12324534.jpg



さて その後、仕事が終わったあとは、小倉からスーパーソニック41号佐伯行きに乗って
b0058021_12324660.jpg

中津に寄り道しました。
b0058021_12324618.jpg

特急とはいえ30分そこそこで大分県に行けるとはちょっとビックリ!

by coolys1 | 2017-07-22 12:55 | Lunch time trip | Comments(2)

伊勢崎町の三宅

高知市の城西にあるうどん店。  とっても判りづらい場所に辿り着く。

b0058021_9597100.jpg

定番の肉うどん
b0058021_959996.jpg

冷やし牛玉とろろ
b0058021_959861.jpg


この日は庭で頂きました。
b0058021_1012392.jpg

b0058021_1012247.jpg

b0058021_1012310.jpg



はりまや橋から公共機関で行きづらいのが難点ですが。。。。
b0058021_1043188.jpg


麺房 「三宅」

高知市の伊勢崎町です。(伊勢佐木町と間違えやすい) 女将は中学校一年生の時の同級生。
by coolys1 | 2017-06-24 10:03 | Lunch time trip | Comments(0)

丸太小屋にて

噂に聞いていたけど、丸太小屋のラーメン まっこと旨いです。
b0058021_21212731.jpg


ただし入り口が判りづらい・・・・ えーっ?ここが入り口??
b0058021_21212772.jpg


それにしても、ここへ来るまで野を超え・・・
b0058021_21212826.jpg

山を超え・・・
b0058021_212184.jpg

うーん夏の富士山もダイナミックやね。
b0058021_2121930.jpg



PENTAX K5IIs
DA18-135AL/DC/WR
by coolys1 | 2017-06-21 21:27 | Lunch time trip | Comments(0)

小倉の台所 旦過市場の大学堂

北九州市小倉へ日帰り出張。 そして旦過市場は一年ぶりなのか。。。


今回は大学堂丼のおかずパートナーは近くの魚屋で鯖の味噌煮(+鰯のぬか漬けのタレサービス)と何故か新玉葱だけの南蛮。

b0058021_21513396.jpg


平日の昼下がりの大学堂はのんびりしてました(木曜日)
b0058021_21513154.jpg

b0058021_21512899.jpg

b0058021_21512073.jpg

b0058021_21511765.jpg

ノンビリ食事した後は、気になる2階を見学させてもらうことに・・・・・
b0058021_2151122.jpg

この大学堂はその名の通り、市立北九州大学のゼミの運営でここ数年活動している商業拠点です。
ゼミからは二週間ほど実習で学生が運営の手伝いをしにくる仕掛けなんですが、
この彼女(三年生)は場違いの観光客でもない私に興味を持ったようで、彼女からの逆インタビューの後に
こちらからも正体を明かし色々と今後の実践的な話しをさせて頂きましました。
b0058021_2151831.jpg



イベント時に使うという2階の窓から見る旦過市場の様子。
b0058021_2151865.jpg

b0058021_21511067.jpg


ところで2階からの帰りのこの階段(殆どラダー)にはちょっとびびったのは内緒です。
b0058021_21511026.jpg


上を見上げるとこの建物は過去に火事に見舞われてますね。(二重屋根になっているので雨漏りはないようですが)
b0058021_2294158.jpg


旦過市場は、若干の位置移動を含め近々再開発の予定です。
by coolys1 | 2017-05-28 22:15 | Lunch time trip | Comments(2)

君の名は、、、、辣子鶏

決して忘れないように、手のひらに書いておこう! って言ったのに書かれていたのは「ラーツージー」

b0058021_11314797.jpg



という訳で娘や息子が観て、「面白い!」と評判の映画、「君の名は。」をやっとエムリコと観てきました。
新宿東宝で前日予約。 ナントカ割引が効いて二人で2200円で済みました! 当日はやはり超人気映画だけあって満席に・・・

お互いに身体が入れ違ってしまう、甘酸っぱいありがちの青春恋愛ものかと思いきや・・・・・
もちろんそんな部分もあるんですけど、大人が観てもその衝撃的な切なさには、自然に涙がこぼれてしまいました。
あとはラストまでハラハラドキドキ・・・・

鑑賞後は前から気になっていた、歌舞伎町の四川料理店「川香苑」で遅い昼食を。

オーダーミスなのか? なぜか皮蛋の見当たらない「皮蛋豆腐」 
b0058021_11192766.jpg


そしてここ数ヶ月、食べられずにムラムラしていた辣子鶏(ラーツージー)!! 映画の余韻等吹っ飛ぶ暴力的逸品ですねぇ。
b0058021_11193050.jpg

ここのは、骨付き肉で正統派です。 大量の唐辛子と花椒の割に辛さはマイルド。
鶏肉以外にもニンニクや生姜、シメジや大蒜の芽等入っていて食べやすいですね。 
シンプルで衝撃的な目黒「龍門」のとは違いますし、西新宿「天府舫」とも違う柔らかい感じの個性です。

一応ランチなので、優しそうな焼きそばも・・・・
b0058021_11193227.jpg


ところでこれ? どんな料理? みたいですが、ようするに食べ終わった辣子鶏ですね。 大量の唐辛子(大きな奴も)その下にはやはり大量の花椒が、、、
唐辛子は少しかじってみたけど、辛くはなかった。
b0058021_11193617.jpg




グランドメニューを見ていると川香苑は龍門(正統派?) 天府舫(庶民派?)とやや違ってさらにマニアックな料理があるようで、興味を引きました。

ホールスタッフの対応は・・・・・ まぁ想像通りですね。 笑  (エムリコは次は嫌がるかも)
by coolys1 | 2016-10-09 11:37 | Lunch time trip | Comments(0)

旦過市場 大学堂へ再び。

前回 食べ逃した大学堂の丼めし! 今回は迷わず突進。 小倉駅から市営モノレールに乗って二駅目を目指します!

b0058021_2240744.jpg



でもお昼すぎに訪れたら、なんと肝心のご飯切れで、ただいま鋭意炊飯中という! 仕方なく時間潰しがてら面倒な仕事を先に済ましてくることにしました。

でやっとありつけた丼めしを持って旦過市場の魚屋へ・・・ でこのカツオを頂くことに

b0058021_22312599.jpg


とはいっても、そのまま丼に載せられる量でもないので、魚屋で切ってもらいパックのまま大学堂に帰ります。

b0058021_22341682.jpg


¥100の本日の汁物も売り切れてしまい。。と言われ落胆していたら、奥の茶の間でチゲでお客やってる地元の爺様方が、、、

b0058021_22341770.jpg


椀にチゲを奢ってくれました。 魚肉ハムやウィンナ入ってるし。
b0058021_22365028.jpg


すんません ありがとうございました!

なんだか懐かしの店内 色々大学とのコラボでイベントも多いようです。
b0058021_2238568.jpg



珈琲頼むと ガリガリ挽いてくれますよ。
b0058021_22381044.jpg



市場近くの 琴線に響くお店。  さすがにお昼のハシゴはできねぇなぁ。。。。 またの機会にね。

入りづらい・・・ということで横に正式な入り口のあるめし屋。
b0058021_22401462.jpg


ここからは小倉城は見えませんが。。。
b0058021_22401214.jpg




iPhone6

PENTAX Q7
WIDEZOOM08
by coolys1 | 2016-06-07 22:45 | Lunch time trip | Comments(0)

旧藤澤カントリー倶楽部-3

レーモンドのディティール。

2階テラスの扉開口部
b0058021_17531992.jpg



タイル 80年以上前のものですね。
b0058021_17532235.jpg


b0058021_17532293.jpg


こういうものは煉瓦みたいに剥がして再利用って訳にいかないのが難点。

外階段

b0058021_17531858.jpg

b0058021_17531882.jpg


螺旋の外階段
b0058021_17531935.jpg

b0058021_17532031.jpg

b0058021_17532064.jpg


水切り壁のような軒
b0058021_17525777.jpg


2階テラス(1階への)の明かり取りのガラスブロック
b0058021_17532159.jpg

b0058021_17532166.jpg


食堂床のモザイクタイル文様 ゴルフやスポーツがモチーフ?
b0058021_17531788.jpg

b0058021_1753171.jpg



PENTAX Q7
StandardPrime01LENS
by coolys1 | 2016-06-04 18:03 | Lunch time trip | Comments(0)