カテゴリ:仏車利( 343 )

浜松に"A"が溢れた日 2018 その3

前回の続き そして今回はA310が三種類集まりました(壮観)

b0058021_10232033.jpg

A310injection 1974年から登場したと思われる4気筒A310の後期型です。
オリジナルカラーのブラウンメタリックはかなり洒落ていて文句なしにフランスのクルマだなぁと思います。
この後のポストモダンなD500~503シリーズに発展していく70'モダンなデザインの原点を示すディテールですね。


b0058021_09150076.jpg

クロームメタリックなトリムが時代感を感じさせますが、ボディカラーと車内のモトリタのスポークとのコントラストは最高です。
そして直線的と言われるA310のAピラー周りのかなり柔らかい面構成を示してくれています。

b0058021_09150082.jpg
現代のクルマと違い低いボンネットにギリギリの線で開口するホイールアーチが素敵ですが、
これは当時Wウィッシュボーンレイアウトで達成出来るバランスですね。

b0058021_09150114.jpg
4気筒A310のアイコン 6灯のライトハウジング。
injectionになってノーズ側に来たエアインテーク(室内換気用)と相まってかなり未来的な印象を与えてくれます。
(インテークについてはキャブ時代についていた位置では殆ど効果が無かったのだろうというのが、定説になりつつあります。)

b0058021_09150181.jpg
しつこいですが、 ブラウンメタにクロームパーツが映えますねぇ ・・・・

そして初めて見る injectionのエンジンルームでした。 ギッシギシのターボ501から見ると牧歌的というかスカスカで見た目は楽観的に感じますが
こと冷却に関しては、第二会場に移動する渋滞路ではかなり水温が上がって、オーナーは熱い車内で冷や汗かいたそうです。

b0058021_09150153.jpg

そして 二年後の1976年にモアパワーを求めてPRV6を載せた A310/V6 
WRCでもGR.5マシーンとして登場してましたね。

b0058021_09150135.jpg
A310/V6はMCを行いながら1984年頃まで作られていますが、このオーナーの個体はホイールボルトが4穴なので81年以降のモデルでしょうか?(それまでは3穴)
オプションのPAC GT4用のトレイ式ウィングが付いています。

b0058021_09150167.jpg

決してコンパクトでない PRV6がしれっと収まっているエンジンルーム!
余裕を利用してか? バッテリーまでリアに移動しておりますね~。  エアインテークの下はシングルキャブレーターによる燃料供給です。
アルピーヌに載せられた自然吸気のPRVはD500になっても結局キャブレーターのままで、おそらくこのエンジンをそのまま使ったのでしょうね。

別リンク:参照 2009年に幕張で初めてみた自然吸気のD500=ALPINE V6GTはコチラ

b0058021_09482119.jpg

そして、1981のパリサロンでデビューし翌年の82年よりA310/V6シリーズの最終進化版?として登場した! 
A310GT(Le Pack GT)

当時のお値段125,000フランだそうです。(オプションのメタリックカラーが2,140フラン、革シートが4,900フラン そしてエアコンが8,640フラン)
b0058021_09150150.jpg
このA310一族では一番過激なルックスですが、スタイリングのベースは1979年のVERSION COMPETITION GROUPE IVとなるようですね。
(それはグループ4カテゴリーでの市販レースベースマシンで、お値段はなんと150,000フランですと。)

b0058021_10110935.jpg
このオーナーの個体は、キャブレーターが換装されておりました。
それはトリプルチョークのダウンドラフトウェーバーが二基(左右バンク)!
昔々、アルピーヌが好きで、当時のCG誌を読み倒した(笑)人は覚えているかも知れないというもので、
当時、フランスのアルピーヌセンターにクルマを持ち込みでないと装着できないというレアなオプションだったのです。
(逆にツインチョークのダウンドラフト3基は、部品キットとして買えたらしいから不思議ですね~)

b0058021_10110974.jpg
b0058021_10110953.jpg

うーん 雨の日とかは乗りたくないですね~これ。

オーナーさん このキャブの調整は関西から中京方面に頼んでいるそうです。 




では 最後に 浜松の青空をこの凶暴そうなインテークに飲み込ませて終了です。

b0058021_09150237.jpg

いや終了じゃない! まいどまいどの主催者の京都のテラさん!(本当に毎年開催ありがとうございます。)
そしてアルピーヌの貴重な手持ち部品の即売&じゃんけん大会 (私も少し提供いたしました)

b0058021_10311732.jpg
b0058021_10351211.jpg


また来年! そして来年もこの光景を観に参加したいなぁ・・・・
いや出来れば乗ってとか。


b0058021_10350828.jpg


CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


*お断り:写真上のライセンスナンバーは典型的なものを除き加工修正してます。
------------------------

by coolys1 | 2018-04-21 10:48 | 仏車利 | Comments(0)

浜松に"A"が溢れた日 2018 その2

第一集合場所(うなぎ藤田の横の臨時P) 第二集合場所(浜名湖ガーデンパーク)の”A”達です。
主催者(京都のテラさん)の事前の発表ですと、この日集まったAは、以下のラインナップです。

A310(4気筒&V6)3台 
V6Turbo(D501)4台
V6Turbo/leman(D502) 6台!!
A610(D503) 5台!!


なんと! あの限定車のLemanが最大参加数となる結果となりました!
まぁV6TurboからLemanに乗り換えるオーナーがそれだけ多いってことですかね。
正規には50台しか日本に入っていないLemanなので、その12%が参加していたと言う訳です。

一方その次に参加数の伸びたA610も、正規輸入は50台未満なので、10%以上が参加したことになります!

D500~D503一族で一番人気の高い美尻を持つLemans

b0058021_09271277.jpg
b0058021_08495575.jpg
b0058021_08495532.jpg
オペルからルノーに来たルケマンがモディファイ&手直ししたと言われるフロント。
エレガントなD501よりファットなフェンダー造形は後継のA610オーナーも羨ましがる魅力的な部分ですね~♡
(ホイールは前後異径でF/16 R/17のBBS特注ディッシュタイプです。軽いだろうなぁ)
b0058021_08513231.jpg
b0058021_08512781.jpg
世の中と逆行するか?のように93年にリトラクタブルヘッドライトとなったA610
俗に薄目と言われますね。バンパーに整備されたコンビネーションランプ群もあって全天候戦闘機になってますね~。

メタリックのRedとBlueですが全て色が違って見えました! 四千台作られたD500~502と違い
このAの称号を持つ最後のRRのAlpineは、少ない生産台数からみても現場ではむしろ先祖還りして手作りに近いものかも知れません。

b0058021_08563897.jpg
触媒仕様のLemanから較べると、200kg程重く60馬力程高い馬力と全域で圧倒的なターボトルク、
そして大幅に剛性の増したシャーシで、乗ってみるとそれまでの一族とは全く違う快速快適なクルマのようです。

94年にはツインターボ化して400HP程度にチューンされたレースカーがルマン24時間レースで完走しています。
*その車両そのものは日本にあります。(多分今もどこかに?)日本にあるからOTTOが、1/18で作れないのかも??

そして、何故か?少数派?になったV6Turbo(D501)でも皆勤賞の方もいますので、まだまだ大丈夫ですね!

b0058021_09152668.jpg
ユーリエデザインのフロントマスクは、やはり80年代を代表するポストモダンデザインの最優秀賞でしょう。
(日本ではグッドデザイン賞を取ってますね)

ただフロントスポイラーはあまり効果的な仕事をしてくれませんから、
ガソリン減少時等は100km/h台の後半での巡航にはちょっとした度胸と(遊びの少ないステアリングへの)繊細な操舵感覚が必要です。


そしてその3への続きはこちら・・・・

b0058021_09205150.jpg


CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR


*お断り:写真上のライセンスナンバーは典型的なものを除き加工修正してます。
------------------------


by coolys1 | 2018-04-17 09:30 | 仏車利 | Comments(0)

浜松に"A"が溢れた日 2018 その1 

昨年は、D501-006Jを手放した徒労感で参加できませんでしたが今年は、なんとか参加。
そういえば2015年は出張先から電車で参加したけど、今年は友人を口説いて、彼のベイビーサソリで参加することに相成りました!

晴天の日曜日の朝、東名に上がれば、早速 速馬に・・・・
b0058021_09104402.jpg

わわわと思えば、今度はバックミラーに写るのは!?
なんと812!! 速馬っていうか、車名がすでに"SUPERFIRST"だもんねぇ こりゃ速すぎかも?


b0058021_09105306.jpg

追い越し車線の赤いクルマに比べると、左側車線の赤い車は牧歌的でしたね、 なるほど三車線あって正解みたいな?


b0058021_09105868.jpg

あと、かなり毒の強そうなサソリも走ってましたね。。。。


b0058021_09152622.jpg


そして着いたうなぎ屋(藤田)で頂いたうな重の(山)(竹とか松とか並とか上とかではなく ここはこういうカテゴリです)
一匹分ですねこれで、 でも税込み五千円近いお値段でしたから、鰻はほんまに高級になりました!

藤田さんは関東風です。 タレが上品な感じなのでふわっとした鰻には相性がいいかも知れません。
立派なお店構えなので、大人は白焼きで一杯と行きたい処ですがね~本当は!

b0058021_09255320.jpg


ということで、あれれ?"A"が1台も写らないまま その1終了です。


つづく

CAMERA:PENTAX KP
LENS:HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
iPhone 6




--------------------------



by coolys1 | 2018-04-15 09:31 | 仏車利 | Comments(0)

大型猫脚族で秋田へ!

久しぶりの仏車利。  それは豪華なツーリングです。
金曜日の夜の新宿から深夜の仙台 そして土曜の午後の秋田(大仙市)までロングドライブはC6と6つ目のXm!

待ち合わせ場所の新宿駅西口からC2へ (そうC6でC2です)
b0058021_1091744.jpg

深夜の東北道 パスするXm(24Valve)
b0058021_109175.jpg

仙台で仮眠し、再び東北道 古川ICを目指します。
b0058021_1091832.jpg

今回 載せていただいたC6は3Lディーゼル。 高速道路では、あっというまにスピードが乗ってしまいますので要注意!
(ちなみにC6は制動と操舵はハイドロではありません。 ハイドロ=ハイドラクティブは懸架装置のみらしいです。)
b0058021_1091864.jpg

宮城から秋田までは47号線を通ります。 山越えする前に「あ・ら伊達な道の駅」で休憩 やっと晴れてきました。
b0058021_1091945.jpg

秋田県内を走行中。 こちらはXmの後部座席から。
b0058021_1091841.jpg

47号から鳴子温泉郷で羽後街道と言われる108号に入り、その途中で入った鬼首温泉。 
自然の滝壺が露天風呂になっているという「峯雲閣」で入湯しましたが、
滝湯は8月の長雨で水量が増して温度が低いのと、アブの大量発生でその野趣を満喫できなかったのが残念でした。
b0058021_109209.jpg

by coolys1 | 2017-09-03 10:36 | 仏車利 | Comments(0)

CITROEN XM BRUN CASTOR

ハイドロの女王がとうとうやってしまいました!

2週間前の花見の時に、初めて見て 腰を抜かしたのですが、箝口令がね 笑

b0058021_9432195.jpg


後期型Xmの外装を初期型XM-Xにし、内装をとっかえ、そしてとうとう憧れの外装色BRUN CASTORに全塗装!

彼女にとっては夢は願うだけのものではなく、叶うように己を奮いたたせる「プランニング」なのだと痛感しました!
まさに仏車利を極めましたね。

Xm改XMの詳しくは彼女のblogでCITROEN XM BRUN CASTOR


さぁ 私も気持ちが折れた昨年末でしたが、そろそろZEROスタートといきましょう。。。
by coolys1 | 2017-04-22 09:51 | 仏車利 | Comments(0)

D501-006J号のその後、、、、

昨年の9/18 路上にて故障停止の末に不動になっていましたが、
昨年11月末に修理を諦め売却しました。(新オーナーは若いメカニックです)

その新オーナーから原因判明! とのメールが衝撃の画像と共に先々月の2/26に届きました。

その衝撃の一枚がこれ!
b0058021_1247621.jpg


この部品でした、、、、V6SOHCエンジンのカムチェーンの一次側のスプロケットギアです。
b0058021_1247961.jpg


V型エンジンなので、クランクシャフトに付くこのスプロケットは二段になっているのですが、左バンク用のギアの山がほぼ消滅です。

部品は小さいけど、エンジンとしては重篤な部分ですね。

走行中に、何らかの原因でエンジン停止(恐らくデスビ辺りが原因の失火だと)。
その後の再始動でなんとか路肩に寄せられたものの、その時の再始動の際にチェーンがズレて三気筒だけで動いた訳ですね。
(当時を思い出すとバラバラっという感じで再始動したから)

b0058021_13279.jpg

昨年11月末 原因不明のタイミングチェーンのズレにより「圧縮無し」 の宣告の出た左バンクエンジン、
でも写真のようにヘッドをバラしただけではタイミングチェーンに全く異常は見つからず、、主治医はこの先に行くには降ろすしか無いぞって言われました。

結局、左バンク側のカムテーンテンショナーが時々サボタージュしていたようで、その時々に長い時間かけて削れてしまっていたようですね。
右バンク側のギアの山が全くきれいなのがこの問題の深刻性をものがたります。
オドメーター15万キロを超えるエンジンでしたが、まだまだと思っていただけにこれはショックな原因でした。

新しいオーナーは仕事の傍ら、なんとかエンジンを降ろさずにこの部品を交換するそうです。
縦置きなのでまだ出来そうではありますが、通常なら降ろさないと出来ない部分の重整備ですね。。

一緒に差し上げた予備エンジンからの部品取りが出来そうなので、路上復帰の可能性が高いですが、
まだ修理完了の知らせは届きません。
by coolys1 | 2017-04-02 13:16 | 仏車利 | Comments(4)

高山病で入院治療へ

長らく自宅で治療していた006Jですが、治癒する見込みもネタも切れました。 
先月はFBMもあって工場も忙しかったし、自分も週末が埋まっていたりしていたので、入院がこんな時期になってしまいました。

思えば9/18に不動になってJAFローダーで戻ってきてから、およそ二ヶ月近い日々が過ぎ・・・もうヒーター掛ける季節ですね! 
我が家のクルマが不動の間に困る事象が無かったというのも、さすが非実用車の面目躍如というべきか・・・

おもえばエンジン停止は、環七を巡航走行中に突然やってきました! 五速で60km/h前後で走行中に高円寺陸橋前の信号で止まる為に減速中に起きました!

警告灯は一切無し。 オーバーヒートとかですと当然、その場所の警告灯と共にSTOPランプが点灯するのですが、それはなし、SERVICEランプのみの点灯。

不動になる前に高速道等200km近い連続運転をしていたので、まずは燃料系(パーコレーション)を疑い、エンジン周りを冷やすことに。

その可能性が無いことが分かると、次は点火系ですね。

駐車場で、やったこと
1.イグニッションユニットの交換(コイル&CDI)
2.デスビキャップの交換。
3.プラグの確認(3気筒分のみですが)
4.プラグキャップ及びコードの点検

以上の結果、プラグまで電気は来ており、スパークは飛んでいることが判明。 電気系統はほぼシロということになりました。

あとは燃料? ポンプは回っているのが判っていますので、燃圧でしょうか? もう車庫で出来ることはないので、とうとう入院の運びに・・・


「次にここに呼ぶときは二名指定でお願いします。」と運んでくれたJAF隊員に言われていましたので、土曜日の朝10:00の回収には「二名で」とお願いしたのですが、、、


b0058021_11250063.jpg
来られたのは一名、、、もう一名は別の出動で手間取っている様子、結局一名(+私ですが)で四苦八苦してローダーに積載しました。
ここの駐車場はローダーがやっと手前までこれる所なのでその辺大変なんですね!(一応駐車場借りるときに考慮はしたんですが)
b0058021_11250129.jpg
工場に着いてからは、ややこしい推理ゲームのぶり返しで、原因を特定していきますが、、、、

その間に私は、置きっぱなしの予備エンジンからリビルド出来そうな補機を外していました。
b0058021_11250142.jpg
外した、オルタネーターとセルモーター。 エンジン単体なので、オルタなんかは簡単に外せましたが、セルモーターは水冷オイルクーラーの配管等で苦労しました!
車載状態だとどうなることやら・・・・・ 効果があるのかないのか判らないけどオルタには空冷ダクト付ける為のシュラウドカバーが付いてます。

b0058021_11250168.jpg

で、診断結果ですが、不明です。。。。。 

はっきり判っているのは、左バンク(4/5/6シリンダー)の圧縮が無いということ。

左はヘッドカバーが外しやすいので、外してみると・・・・・・
b0058021_11250256.jpg
ドライブチェーンが切れているとか、ガスケットが抜けているとかはない様子ですが、、、あとは片側なんらかの原因でタイミングチェーンがずれてタイミングがずれているとか。。。。

ヘッド開けただけでは、タイミング調整はできないので、クルマを預けて、Vバンクカバーを開けて診てもらうことになりました。

いざという時の予備エンジンはあるのですが、それほど程度は良くないしねぇ。エンジン降ろしや載せ替えは現実的には厳しい選択です。
来週のバルタイ調整で治ることを祈るばかり。








by coolys1 | 2016-11-13 12:13 | 仏車利 | Comments(0)

デスビキャップ交換

昨日、友人に手伝ってもらい。BOSCHの新品デスビキャップに交換。

ある程度工具を増やしたので、比較的スムーズにすすんだのでした。

元々付いてたデスビキャップ(見た目では判らないけどリークしまくりらしい)
b0058021_1865655.jpg


先日 レフナースさんが置いていったテスト用キャップ(中古)。内部に湿気がこもりにくいように通気口が空いている!(でもやや不良品だった)
b0058021_187127.jpg


そして交換取り付けした処。 先日、プロがやった手順をなんとか復元というか。 1/2くらいの縮尺の指と手が欲しい!!
b0058021_1881332.jpg


でも残念ながら始動は果たせず・・・・・

本日はその敗戦処理にまた駐車場に、いつものように錆猫さんが寛いでおります。
b0058021_1893425.jpg


ずーっと取り付けしないでいたイグニッションモジュール。(実は復帰させるのがとても難しい位置なのです)
b0058021_18103433.jpg


たったボルト二本なんだけど、昨日は付けられず、今日はファイト一発!根性で取り付け直しました。(最後は指ラチェットです)
b0058021_1810374.jpg


エンジンマネジメントを司る大物コネクターも清掃。。。
b0058021_18111270.jpg


電気は来ている。 火花も飛んでいる! 燃料も来なくはない・・・ ということは??
b0058021_18114166.jpg


インジェクターが吹いていない??  それともこの燃圧調整のレギュレーターが悪い??
b0058021_1813683.jpg


またまた燃料ポンプが弱い??

随分と遠回りしながら、だんだんと近づいてきたような気がする。。。。。

したいよね~。
by coolys1 | 2016-10-23 18:18 | 仏車利 | Comments(2)

高山病

9/19以来搬送した車庫でお不動さんになっているD501-006J。一番怪しいイグナイターユニットを交換(*1)しても再始動なりませんでした。

主治医も忙しく(工場が修理車でいっぱい)、なかなか持ち込めない状況が続くので、とうとう往診にきてもらうことに。

とある夜(とはいっても近所迷惑にならない程度の時間) 156に乗ってきて往診。
b0058021_10513529.jpg



問題は、D501系の弱点であるデスビではないかと・・・・
もちろん自分で交換したイグナイターユニットはちゃんと火花を散らして仕事してました!(つまりクランク角センサーもOKちゅうこと)
b0058021_10513193.jpg


私がやると数時間位かかりそうな、デスビキャップを悪戦苦闘しながらも数分で外してしまうのはさすがプロ。


テスターで調べると、リークしまくりでした。

D501のデスビは湿気や軸からくるのかガスが溜まりやすく、ダメになりやすいのが評判のALPINE病(=高山病)なのです。

主治医いわくこの黒いカバーもあまり良くなくて付けないほうがいいとか、、 これはフロントエンジン用の雨水除けのカバーなのでリアエンジンのPRVには意味がないとか。
b0058021_10513310.jpg




で、、この日治ったか? というと実は治っていません。

実はテスト用に持ってこられたデスビキャップに付け替えてみたけど、そのキャップも調子がイマイチだったのです。。。。(*2)

結局 この日の往診で、「新品のデスビキャップ=どうせならローターも一緒に」買うほうがいいということになりまして
只今、ネットで物色中です。  BOSCHの部品なんだけどBMW用(*3)のものが付くらしい。。


これで治ればいいのだけど。。

直らなければ 燃圧?  そんなわけないか。


(*1)
イグナイターユニットは自分で脱着しましたが、取り付けボルト位置が殆どイジメ級の場所でコンチキショー!! 本当に整備しにくいクルマだと・・・

(*2)
湿気抜きのホールを開けたものでしたが、いかんせん中古なのでどうも各端子間の絶縁が落ちていたとか。

(*3)
もちろん純正品番は日本では入手不可。 仲間の情報でBMW用BOSCHの汎用品にたどり着きました。。。
セール品で2万くらい ヤフオクであれば1万5千円くらいでしょうか。
by coolys1 | 2016-10-09 11:09 | 仏車利 | Comments(0)

イグナイターユニット

ヤフオクで入手した中古のイグナイター(&コイル) が届く。
RENAULTは、BOSCHでなくてSIEMENS製で、型番HOM 7700 732 263(7700 852 093)である。きっと25V6なんかも一緒なんだろう。

b0058021_941268.jpg



残念ながら本日、関東地方は雨。 折角の休日だが交換作業は週末まで待たないと無理だ。
で、これで直るといいのだけど・・・・・

出品者は良い方だ! イグナイターユニットを欲する私に、クランク角センサーの中古品も付けてくれたのであった!

b0058021_941562.jpg


イグナイターの交換でだめな場合はこちらがイカれている可能性が高いので、これは助かる!(でもこちらは自分で交換できるかな??)
by coolys1 | 2016-09-22 09:10 | 仏車利 | Comments(0)